大松水産社長ブログ

■田舞徳太郎代表の講演会でした

大松水産 社長日記 >

田舞徳太郎代表

先日、日本創造教育研究所の田舞徳太郎代表の講演会があった。直接聴くのは5年振りだろうか。懐かしい、故郷に帰ってきたような感慨を覚えた。

田舞徳太郎氏今から7年前、経営者としての基本を学ぶべく、日創研(第14回トレーナーズ・トレーニングコース)に学んだ。
以来、生来の怠け癖で長らく遠ざかっていたが、田舞代表の講演を聴いて血がたぎるような懐かしさと感動が全身を貫いた。

ありがとう経営『企業の成功法則』と題した今回の講演で最も刺激を受けたのは「ありがとう経営」だ。
景況感が上向かない現状において原材料価格が上昇を続け、中小企業の経営は今後、危機の時代を迎えると言う。
その状況下で中小企業が生き残るためには社員さんがやる気を高められ、自ら考える力を養える場、すなわち「やる場」づくりを行なうことが経営者に求められると。

ありがとうカードその「やる場」づくりの答えの一つが「ありがとう経営」である。
経営者が率先してこの二枚複写の「ありがとうカード」を社員さんに渡し、日頃の感謝の心を形にして伝える。
経営者が照れずに渡し続けることで社員さん同士でも感謝の輪が拡がり、やがてお客様満足度のアップにつながるというもの。
日頃、僕自身、「ありがとう」と心から言っているだろうか。これをお世辞でなく、心からの言葉として伝えられるかどうかが成功の鍵を握るのだと言う。
日本創造教育研究所。「中小企業の活性化」のビジョンを目指し、進化し続けていると感じた。


大松水産TOP

2008年06月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

タグ クラウド