大松水産社長ブログ

■岩手・宮城内陸地震が発生

大松水産 社長日記 >

本日の午前9時前、宮城県南部を震源とする震度6強の強い地震があった。

各地で土砂崩れや怪我人などが多数出ている模様だが、まだまだ被害の全容は明らかになっていない。

地震列島日本。昨年は能登で大地震があったばかりだ。まさに、明日は我が身である。

13年前の阪神大震災のとき。
地震発生から間もなく近江町市場からトラックに満載の救援物資を届けた。
舞鶴経由で六甲山のトンネルを抜けて被災地に入った。
美しい神戸の街並が無残にも破壊されてしまっていた。

近江町市場と日頃から親交のある神戸湊川商店街は最も被害が大きい地区にあった。
商店街の人々は今こそ地元住民に恩返しをするときとばかりに、一丸となって復旧に取り組んでいた。
商店街の皆様の姿を目の当たりにして商店街の使命を実感した。

商店街の使命とは、「地域に役立つ存在になる」こと。
日頃の「商い」に対する姿勢がいざと言う時に大きなパワーとなって商店街が一丸となるのだ。

岩手宮城内陸部の大地震。
不幸にも被害に遭ってしまった方々の一刻も早い救助と街の復旧を心から願う。

大松水産TOP

2008年06月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

タグ クラウド