日本海の活きのいい魚があふれる金沢市民の台所・近江町市場。七代目魚屋が日々の思いをつづります。 大松水産

  大松水産社長ブログ

■「めひかり」という魚が入りました

まいど!近江町市場の魚屋です! >

めひかり 太平洋側から変わった魚が入荷した。その名も「メヒカリ」
普段はめったにお目にかかれない魚種だ。

石川ブログランキング

石川ブログランキングに参加しました。左のボタンをクリックして応援をお願いします。

目光 市場魚類図鑑によると、正式名は「アオメエソ」と言うらしい。
体調は10センチほどで小さな魚だが、塩焼き、天ぷら、唐揚げ、刺身でも美味しく食べられる。

アオメエソ\ 体が小さい割には身は柔らかくて脂が強く、まったりした味わいだとか。
太平洋側ではそう珍しい魚ではなく、高級魚の一種なのだと。
アオメエソの「まったりとした脂」。いったいどんな味なのだろうか。
次に入荷した時には、必ず食べてご報告いたします。

石川ブログランキング最後までありがとうございました。左のボタンをクリックして石川ブログランキングへの投票をよろしくお願いします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.daimatsusuisan.com/blog/mt-tb.cgi/447

コメントする

大松水産TOP