日本海の活きのいい魚があふれる金沢市民の台所・近江町市場。七代目魚屋が日々の思いをつづります。 大松水産

  大松水産社長ブログ

■本マグロの解体がありました

まいど!近江町市場の魚屋です! >

本マグロの解体です 昨日は近江町市場春祭りの第一日目。本マグロの解体が行われた。

石川ブログランキング

石川ブログランキングに参加しました。左のボタンをクリックして応援をお願いします。

鹿児島産本マグロ 鹿児島・奄美大島産の本マグロ、70〜80kgが四本。
本マグロの解体は午前11時に始まり、午後1時頃にはすべての販売が終了した。

鹿児島奄美産本マグロ 約200g〜500g程度に柵取りされた本マグロが1,000円〜3,000円。
今回は蓄養物で、ほとんどすべてが大トロまたは中トロの身である。
なかでも奄美大島産の本マグロは味や風味が良いことから市場の評価も高く、中落ちは一皿500円。いずれも通常の市価の半値以下だった。
販売当初のお客様の行列は200名程度だったが、最後まで途切れることなく販売完了した。
時節柄売れ行きが心配されたが、いずれも普段からお世話になっているご近所様や常連のお客様が多く並んでおられて「金沢市民の台所」としての役割が発揮できた、と実感できる一日だった。
安くて美味しい。安全、安心な本マグロを提供して金沢市民の皆様に喜んでいただける近江町市場。これこそが、近江町市場鮮魚部の商いの原点である。

石川ブログランキング最後までありがとうございました。左のボタンをクリックして石川ブログランキングへの投票をよろしくお願いします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.daimatsusuisan.com/blog/mt-tb.cgi/472

コメントする

大松水産TOP