日本海の活きのいい魚があふれる金沢市民の台所・近江町市場。七代目魚屋が日々の思いをつづります。 大松水産

  大松水産社長ブログ

■経営者の意志決定のスピードとは

まいど!近江町市場の魚屋です! >

『意思決定の成功率は経営者に共通して30%』(ビル・ゲイツ)という言葉がある。
「100年に一度の経済危機は4〜5年に一度やってくる」と皮肉られるほど変化の大きい今。
経営者にとって意思決定のスピードが求められているという。

石川ブログランキング

石川ブログランキングに参加しました。左のボタンをクリックして応援をお願いします。

株式会社多摩研の松本順市社長。
今、僕は社員と共に成長するために『成長制度』を社内に根付かせるべく、『成長塾』の勉強に通っている。
その松本順市社長からのメッセージで「経営者にとって意思決定のスピードが求められている」という一文を受取った。

いわく、
「経営者の意思決定のスピードとは何でしょうか。
それは意志決定をする数と置き換えることができます。
ある経営者は1年間に100の意志決定をしました。
ある経営者は慎重に慎重に10の意志決定をしました。
どちらの会社が一年後に成長しているでしょうか。答えは明確です。
百の意志決定をした会社は30の意志決定に成功し、70は失敗するでしょう。
10の意志決定をした経営者は3つに成功し、7つの失敗があるでしょう。
『意思決定の成功率は経営者に共通して同じ30%』ビルゲイツはそう看破しました。
30の成功と3つの成功。この差が経営者の意思決定のスピード差と言えます」

というものだ。
100の意志決定と言っても、我々の「数打ちゃ当たる」的なレベルとは程遠いものだと思うが。
いずれにしても、魚屋の経営にも意志決定のスピードが求められているのだ。

石川ブログランキング最後までありがとうございました。左のボタンをクリックして石川ブログランキングへの投票をよろしくお願いします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.daimatsusuisan.com/blog/mt-tb.cgi/449

コメントする

大松水産TOP