日本海の活きのいい魚があふれる金沢市民の台所・近江町市場。七代目魚屋が日々の思いをつづります。 大松水産

  大松水産社長ブログ

■「微量の放射能には害はない。むしろ体にいい」という中村仁信先生を信じます!

まいど!近江町市場の魚屋です! >

彩都友紘会病院院長で大阪大学名誉教授の中村仁信先生。
昨日、テレビ金沢で放映された「そこまで言って委員会」で過去の具体的な臨床事例などを挙げて発言された。

石川ブログランキング

石川ブログランキングに参加しました。左のボタンをクリックして応援をお願いします。

魚屋には詳しいことは分からないが、100ミリシーベルト以下の放射能被爆ならば体に害はないのだという。
むしろ体内の活性酸素が増え、遺伝子の損傷をカバーする免疫力が高まることなどで、逆に癌になる確率が減ったという臨床データを示して説明された。

現在、放射能汚染の心配から食品の安全性に対する評価が大きく揺らいでいる。
実際、千葉産や茨城産などの魚の納入を断られるケースも出てきているほどだ。
魚の流通に携わるものの一人として、あまり風評に振り回されることなく、その道の専門家のご意見をしっかりと聞いて対処していかねば!

石川ブログランキング最後までありがとうございました。左のボタンをクリックして石川ブログランキングへの投票をよろしくお願いします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.daimatsusuisan.com/blog/mt-tb.cgi/471

コメントする

大松水産TOP