くるまだい(的鯛)昆布〆寒ブリや甘エビ、ズワイガニは近江町市場で創業百三十年。真心と信用の店大松水産にお任せ下さい。

金沢・近江町市場直送便

■くるまだい(的鯛)昆布〆

近江町市場の「魚専門店」大松水産 通信販売ページ >

くるまだい昆布〆
【 車鯛昆布〆 】
セット内容:くるまだい昆布締め 正味約160g入 (お刺身2〜3人前)
金額:1,800円(税込・送料別) 在庫

地物 クール便 ギフトに最適
【商品の詳細情報】
くるまだい昆布締め
車鯛昆布〆

くるまだい。金沢ではおなじみの魚ですが、正式名称は「的鯛」。身は透き通り、歯触りはしっかりとした白身の魚です。そのままお刺身でいただいても美味しいのですが、これを昆布〆にするとさらにまたうまみが増します。
車鯛の持つ実力を昆布の成分が余すところ無く引き出し、存分に味わうことができるのです。

くるまだい(的鯛)昆布締め 作り方は簡単。鮮度の良い車鯛の身を普通のお刺身よりもやや大きく、厚めにスライスします。天然の真昆布を用意して砂を取り、酢で拭いておきます。昆布でお刺身を巻き取り、押しをして一晩冷蔵庫で寝かせたら出来上がり。
昆布〆は昔から金沢の郷土料理であり、魚を生のままで食べるための保存食でもあるのです。
昔の人には大変な知恵があったのですね。

マトダイ昆布〆 昆布の成分がきれいに染み渡った魚の身は、まさに芸術品。くるまだいのあっさりとした味と昆布の旨みが調和して最高のお刺身となりました。

昆布の粘り 召し上がり方は、身はそのまま刺身醤油で。残った昆布は醤油と味醂で煮付け、細かく刻むと酒の肴に最高です。
昆布〆の魚を取るとスーッと透明な糸が引いてきますが、この昆布の粘りこそが昆布締めの旨さの秘密。天然真昆布の旨み成分が十分に魚に行きわたっている証拠なのです。

天然真昆布 弊社では創業以来、すべて北海道産の天然真昆布で昆布〆を作り続けています。先代社長から引き継がれてきた伝統の味なのです。
金沢伝統の郷土料理の味。そして、大松水産創業以来守り続けてきた伝統の味。大松水産の昆布〆を是非一度ご賞味ください。

車鯛の昆布〆
【 天然くるまだい(マトダイ)昆布〆 】
セット内容:天然車鯛(的鯛)昆布締め 約160g入 
お刺身2〜3人前 

金額:1,800円(税込・送料別) 在庫

大松水産TOP
全国一律1件あたり700円・お買上金額1万円以上は送料無料

SSLショッピングカート

SSLショッピングカート

販売業者:大松水産株式会社

責任者:代表取締役 松本 雅之
所在地:〒920−0905
石川県金沢市上近江町33番地
TEL 076−263−1201
FAX 076−263−2824
金沢老舗百年会
金沢老舗百年会
「金沢老舗百年会」会員企業です
お店ばたけに出店しています
石川県産業創出支援機構
「お店ばたけ」に出店しています
金沢屋さんに出店しています
「金沢屋」創業メンバーです
ネット対決!北陸三国志
「ネット対決!北陸三国志」
に参加しています