天然寒ブリ 1本

天然寒ブリ 1本
入荷待ち

【本日の天然寒ブリ】:天然寒ブリの売出しは11月以降になります


天然寒ブリ

80,000円 (税込、送料別)


内容
天然寒ブリ 10kg~ 1本 能登半島近海産(石川、富山、新潟)
【普通便または冷蔵便】【ギフトに最適】
※期日指定なしでご注文ください。
鮮度抜群、自信を持ってお送りできる氷見港、能登宇出津港、佐渡直送の日本一美味しい天然寒ぶりです。
今こそ、旬を迎えた日本海の寒ぶりをご賞味下さい。


皮をひいたり、切身にすると、そこから酸化により身の変色が始まります。
したがって、いろいろと手を加えずに出来るだけ丸のまま、出来る限り皮付きでのお届けをおすすめしています。
とは言っても、ご家庭ではなかなか料理が難しい大きなブリです。はらわたを出して欲しい、3枚におろして欲しい、切身にして欲しい、などのご要望にもお応えします。
備考欄にご希望を記入してください。

※今年度の寒ブリの発送は1月末日までとなっております。2月以降に到着日を指定された場合でもお届けできませんのでご注意ください。

詳細を見る

●1本そのままの配送について
ブリ1本の配送の場合、荷物が大き過ぎる為、ヤマト運輸ではクール便の受け付けを行っておりません。そのため、普通便での配送になりますが、発泡スチロール製の丈夫な保冷ボックスに氷をしっかりと詰め込みますので、商品の品質には支障ありません。その点ご了承お願いします。

●3枚おろしや切身に料理した場合には、保冷ボックスに詰めて冷蔵便にて配送します。

●寒ブリは、何といっても冬の日本海の王様
ブリは九州で生まれて北海道まで北上。秋には南下を始め、能登半島沖には初冬から真冬にかけて一番脂がのった時期に到達します。
そして、北陸の冬と言えば寒ぶりの季節。雪の舞う荒波の日本海で「ブリおこし」と言われる大きな雷が鳴ったとき、驚いたブリが能登七尾湾や富山湾に入り込みます。栄養たっぷりの湾内で美味しいえさを腹一杯に食べて身体の肥えたブリが「寒ブリ」として近海の定置網にかかり、市場から食卓に届けられるのです。

もともと脂が乗ったぶりが、栄養豊富な湾内でさらに肥えるのですから、氷見、能登、佐渡のブリが日本一美味しいと言われるのも当然ですね。

営業日

2022年 10月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
2022年 11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

定休日

ページ上部へ戻る