のどぐろ刺身用フィレ(プロトン凍結) 

のどぐろ刺身用フィレ(プロトン凍結)  のどぐろ刺身用フィレ(プロトン凍結)  のどぐろ刺身用フィレ(プロトン凍結) 

のどぐろ刺身用フィレ(プロトン凍結)

3,500円 (税込、送料別)


内容
のどぐろ刺身用フィレ 2枚(1尾分) 2枚で130g~150g 石川県産

新鮮なノドグロを3枚におろし、小骨を抜いてプロトン凍結したお刺身用のフィレです。
とても冷凍とは思えない生そのものの鮮度と美味しさでお届けします。

真空パックでお届けしますので、ご家庭でも長期保存が可能です。
保存は冷凍4ヶ月、解凍後の消費期限は2日間です。
【クール便(冷凍)】【ギフトに最適】【地物】

詳細を見る

●のどぐろは金沢では欠かせない高級食材の定番です。
金沢での会席料理、高級鮨ネタだけでなく、今では居酒屋、回転すし店でもノドグロは無くてはならない食材です。
漁獲量の少ない高級魚ですが、需要があるところに食材は集まります。金沢はノドグロの一大集積地であって、石川県内の各漁港だけでなく、西は対馬から東は新潟まで日本海で獲れたノドグロが毎日、金沢中央卸売市場でセリにかけられます。
この中から石川県輪島港で水揚げされたノドグロをお刺身用のフィレにしてお届けします。

正式名称はアカムツです。その名のとおり魚体は鮮やかな紅色ですが、鋭い歯の喉奥が真っ黒なことからノドグロと呼ばれます。白身のトロと呼ばれるほど脂が乗っていますが、しつこさの無い上品な味わいです。

●のどぐろの調理法
★お刺身で食べる
中骨、小骨(血合い骨)は抜いてありますので、そのまま皮を引いて切り分ければ、ノドグロお刺身の完成です。わさび醬油でお召上がりください。

★炙って食べる
表面を炙ると脂が滲み、香ばしさも出てより一層美味しくなります。これに塩をちょっぴり付けて食べるのも脂の味が引き立ちおすすめです。
ガスバーナーが無いときにはフライパンを代用して簡単に炙りに出来ます。
 「ノドグロの炙り刺身の料理法」 の栞をお付けしていますので、こちらを参考に是非試してみてください。炙りすぎると皮が全部はがれてしまうのでお気を付けください。

★塩焼きにする
小骨を抜いてありますので、塩焼きにすると丸ごと食べられお年寄りやお子様にも安心です。

●解凍方法について

冷蔵庫で自然解凍、又は真空パックのまま流水で解凍してください。
 

営業日

2022年 10月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
2022年 11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

定休日

ページ上部へ戻る