さわら昆布〆

さわら昆布〆 さわら昆布〆 さわら昆布〆

金沢ではカジキのことを「さわら」と呼びます。


さわら(かじき)昆布〆

1,800円 (税込、送料別)


内容
さわら(かじき)昆布〆 1本240g 3~4人前
昆布〆の定番にして一番人気。初めて昆布〆を召し上がる方にもおすすめです。
賞味期限は冷凍3カ月、解凍後1週間です。
【クール便(冷凍)】【ギフトに最適】

詳細を見る

●金沢で『さわら』とはカジキマグロのことです
全国的に「さわら」というと、漢字では鰆と表記し、関西地方では「サゴシ」ともよばれる魚のことを指します。ところが、金沢で「さわら」と呼ぶのは、カジキマグロのことです。カジキマグロにもマカジキ、白皮カジキ、黒皮カジキなど種類が色々ありますが、とにかく一緒くたに「さわら」と呼びます。

因みに金沢で鰆のことは「柳ざわら」と言わないと全く通じません。

当社では、黒皮カジキを使用して昆布〆に加工しています。黒皮カジキはあっさりした味わいですが、昆布との相性は抜群で、昆布〆にすると一番美味しいカジキです。昆布の塩味と旨味が十分に浸み込んだもっちり食感のお刺身は、まさに先人の知恵であり芸術品。是非ご賞味ください。

●昆布締めの作り方
カジキの身を普通のお刺身よりもやや大きく、厚めにスライスします。真昆布を用意し、酢で昆布全体を軽く拭きます。昆布でお刺身を巻き取り、押しをして一晩冷蔵庫で寝かせたら出来上がり。
昆布〆は昔から金沢の郷土料理であり、魚を生のままで食べるための保存食でもあります。

●召し上がり方
身はそのまま刺身醤油で。残った昆布は醤油と味醂で煮付け、細かく刻むと酒の肴に最高です。
昆布〆の魚を取るとスーッと透明な糸が引いてきますが、これは真昆布の旨み成分が十分に魚に行きわたっている証拠です。

金沢伝統の郷土料理の味。大松水産自家製の昆布〆を是非一度ご賞味ください。

営業日

2022年 10月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
2022年 11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

定休日

ページ上部へ戻る